今季ラストおでん。家族が減って鍋もコンパクトになりました

 米海軍の科学者たちは数十年の歳月を経て、ついに世界で最も難解な挑戦の1つを解決したかもしれない。それは、海水を燃料に変えることだ。

 液化炭化水素燃料の開発によって米軍は、将来の石油燃料への依存を軽減する可能性を持ち、「大変革をもたらすもの」として歓迎されている。そうなれば、軍艦は自ら燃料を作りだし、海上で燃料補給する必要がなくなり、常に100%の状態で任務に当たることが可能になる。

 米海軍研究試験所によれば、新しい燃料は当初、1ガロン(約3.8リットル)当たり3〜6ドルほどのコストがかかると見られている。同試験所はすでに模型飛行機の飛行実験を済ませている。

 海軍が所有する288の艦船は、核燃料で推進するいくつかの航空母艦と72の潜水艦を除き石油に頼っている。この石油依存を解消できれば、石油不足や価格の変動から軍は解放される。

「非常に画期的だ」と、海軍中将のフィリップ・カロムは言う。「われわれはかなり難しい時期におり、エネルギーを生み出す新たな方法と、いかにエネルギーを評価し消費するかに関する方法の革新に迫られている。安価な石油を無制限に消費できた過去60年のようにはいかない」

次の課題は大量生産

 今回の革新的な進歩は、科学者が、海水から二酸化炭素と水素ガスを抽出する方法を開発したことで実現した。ガスは、触媒式排出ガス浄化装置を使って液体にする過程で燃料に変えられる。

「海軍の挑戦はかなり変わっていてユニークなものだ」と、カロムは言う。「燃料を補給するのにガソリンスタンドに行くわけではない。ガソリンスタンドである補給艦が私たちの所に来る。海水を燃料に変える画期的な技術は、兵站のあり方を大きく変えるものだ」

 海軍にとっての次の課題は、大量生産を可能にすること。今後、海軍は大学とも協力して、抽出する二酸化炭素と炭素の量を最大化に取り組む。

「初めて、海水から二酸化炭素と水素を同時に取りだす技術を開発することができた。これは大きな進歩だ」と、10年近くこの計画に携わっている化学研究者のへザー・ウィラウアー博士は言う。「私たちはそれが可能であることを証明した。あとは効率性を改善することだ」

(mitaimonからリブログ)
・バンパーのヘコみはドライヤーで修理可能
ドライヤーで修理可能なのは、バンパーのヘコみである。バンパーとは、ご存知のとおり車体が傷つくのを防ぐためにつけられているパーツだ。役割が緩衝材なので、最も傷つきやすい部位だと言える。そのバンパーのヘコみがドライヤーだけで直っちゃうというのだ!

・ドライヤーの熱を30分間
ドライヤーでの修理方法は以下の通りだ。まずは車体の汚れを拭き取る。そして、ヘコみに向かってドライヤーの温風をかけるのだ。まずはドライヤーであたためる。さらに2本使いで10分間。そしてさらに20分温風を当て続けると……。

ペコッ!!!! 裏から軽く押すだけでバンパーの形が変わったではないか! 丁寧に形を整えればもう直ったも同然。ほぼ原状回復だ。あとは、冷却させれば元通りの固い形状に戻るぞ。

http://rocketnews24.com/2014/04/16/432765/

韓国のテレビ局YTNは16日、韓国西南海域で同日沈没した「セウォル号」は日本で1994年に建造され、2013年から現在の路線に就航したと報道した。中国メディア・財訊が伝えた。

YTNはこのほか、セウォル号はこの日、本来の船長が休暇をとっていたために代理船長が運航していたと伝えた。この日は濃霧で、2時間遅れての出港だった。
XINHUA.JP
http://www.xinhua.jp/rss/380059/

(otsuneからリブログ)

ジオン公国のカリスマ思想家・ジオン・ズム・ダイクン の妻。

シャア・アズナブル(キャスバル)セイラ・マス(アルテイシア) 兄妹の生母。


元はサイド3のナイトクラブ「エデン」で、ランバ・ラル

内縁の妻クラウレ・ハモン とともに歌姫だった。

そこで、当時一介の政治活動家だったダイクンと

恋仲になった。


そのため、ランバ・ラルの部下クランプとも旧知の仲。



そんな小さな幸せな生活は突然、終わりを迎える。

ギレン・ザビ により、ダイクンは暗殺されてしまうのだ。

その危機に、ランバの父のジンバ・ラルの屋敷にかくまわれた。


しかし、ギレンの巧みな先導で押し寄せる民衆に

身の危険を感じた彼女は、故ダイクンの屋敷に

もどることになる。


だが屋敷に戻った後も、ダイクンの正妻ローゼルシアに

よって幽閉状態に置かれてしまう。

正妻は、彼女がダイクンから寵愛を受けるのに、

嫉妬心の塊となっていたのだ。


彼女はその生活に行く末を悲観し、二人の子供を地球へ逃す決心をする。




脱出の前夜、しぶるアルテイシアにこう言い聞かせる。



地球では空に星が見えるの。

一番大きくて、まあるいのがお月さま。


そのお月さまが半分になって

細くなって

またまん丸くなる回数を数えて。


その回数が百回になる頃には必ず行くわ。

だから・・・待っていて。




アルテイシアは答える。



眠っちゃったら朝になっちゃう。

すぐに朝になっちゃうもの・・・。


朝なんかきらい。

朝なんか来なければいい。


ずっとこのまま夜だったらいいのに・・・。



母は言い聞かせる。



それじゃあ、お月さまを数えられないわ。

朝にはいいことが待っているのよ。


ずっと今のままなんてだめ。

アルテイシアは、大きくなるんでしょう?


大きくなって

立派な人になって


たくさんの人にしあわせをあげなきゃ・・・ね。




親子の愛情が、痛いほど伝わってくる。

このシーンは、私が大好きなシーンである。




遠くに旅立った子供たちの健康を、幽閉された塔の窓から彼女は祈り続ける。

そのあまりの憔悴ぶりに、クラウレ・ハモンは塔に何度も足を運ぶ。


しかし、親子は再会することはなかった。



ダイクンに愛された彼女は、嫉妬した正妻が亡くなった後も幽閉が続き

半ば衰弱死するような形で病死してしまうのだ。


その子供たちを残して力尽きる彼女の人生、

冥福を祈らざるをえまい。




このことが、シャアにさらなる復讐の炎を燃やさせることになる。



(yaruoからリブログ)
「一度事故が起きれば人間に制御出来ない技術」という文脈で原発について喋るなら、3年前のメキシコ湾の原油流出事故に言及しないのは嘘だよなあと思う。「環境破壊度はチェルノブイリに匹敵」とか「経済損失は単純計算でチェルノブイリ5回分」とか言われてたじゃねえか。
(yaruoからリブログ)

アイ:まず、中国のインターネットでは“明日”という文字が入っている文章は検索できないようになっている。“明日”という言葉自体が、規制対象になったのだ。


なぜですか?

アイ:なぜって、人々が「明日、王府井(中国ジャスミン革命が起こっている北京市内の中心のエリア)を行進しよう」などと言うからだろう。“今日” という言葉も検索できないようになっている。コンピューターは“今日”という文字が入っているすべてを規制しているんだ(笑)。“明日”と“今日”が使えない状況というのは、すごいことだよ。彼らがどれだけ脅かされているかわかるだろう。議論や知性ある話し合いや討論の予知は皆無だ。昔の中国人の親みたいなものだ。子供は、一切反抗せずに親の言うことをきかなければいけない。経済と政治に意見を持つことは許されていないのだ。これは非常に悲惨なことだ。この国では過去100年において何も創造されていない。

(yaruoからリブログ)

左下は蕗の葉を炊いたもの。なかなか面白い味です

キャノンプラグがいっぱい